ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年08月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新韓銀行がブランド1位に
第1号CEO大賞に晋童玉頭取

韓国ブランドCEO大賞受賞者第1号に選ばれた晋童玉頭取(左)
 新韓銀行は「2020プレミアムブランド指数(韓国標準協会主管)」の授賞式で、銀行部門(7年連続)とPB部門(13年連続)でトップの企業に選出された。「プレミアムブランド指数」は、協会とソウル大経営研究所が共同開発したブランド価値評価モデルで、信用性の高さは広く認知されている。 
今年からは、CEO部門の評価も導入。「大韓民国プレミアムブランドCEO大賞」の第1号受賞者として、新韓銀行の晋童玉頭取が選ばれた。企業のブランド経営に伴う成果が著しく、経済と社会・文化の発展に功績を残したCEOに贈られる栄誉だ。
晋頭取は今回、「顧客中心」をブランド価値の最優先事項とし、成果を創出した点を高く評価された。新韓銀行は晋頭取体制のもと、業務の過程における正当性を基本に「共に成長(Value up together)評価制度」を導入し、内外から高く評価されている。本制度は、顧客中心の営業に加え、営業現場の自律性を高めながら正当性ある成果を創出して顧客と共に成長しようというコンセプトだ。
新韓銀行は一方、昨年ベースでグローバル部門の当期純利益3702億ウォンを達成し、韓国金融系企業の中で飛び抜けた海外営業力を立証した。韓国都市銀行の中で、新韓銀行のグローバル純益率(全体利益の15・9%)に比肩する銀行は皆無だ。新韓銀行は、海外法人と支店におけるデジタルシステムの改革を促進するための「グローバルDT委員会」を運営している。また、行内全ての業務領域に「デジタルDNA」を適用。これを新たな成長源として定着させる方針だ。その他、銀行取引アプリ「SHINHAN SOL」を全面リニューアルし、オープンバンキングを定着させたことに続き、統合資産管理サービス「My資産」と生活金融サービスを提供する「ライフ」、人工知能(AI)を搭載して24時間の相談とバンキング業務が可能な「SOLメイト」など、様々な商品とサービスが注目を集めている。 
さらに、銀行系で初めて顧客の意見対応への正確性と迅速性を高めるための「プロセスマイニング」というソリューションを導入し、高評価を得ている。(ソウル=李民晧)

2020-08-26 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません