ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「ミサイル規制解除を好機に」―韓国軍事問題研究院安保戦略室長 キム・ヨルス―

韓国軍事問題研究院で安保戦略室長を務めるキム・ヨルス氏は10日、「第4次韓米ミサイル指針改定で、宇宙ロケットの固体燃料使用制限規定が解除された。韓国は宇宙インフラ建設の制度的土台を築くことが可能となった」として、宇宙分野の市場開拓に期待を寄せた。
また、「主要国が回避機動を取れる極超音速飛行体を実戦配備しているという現実を直視し、先端ミサイル技術の早期開発にも邁進すべきだ」として、宇宙産業のインフラ整備に着手すべきとの見方を示した。

「大企業が先頭に立ち進出を」―延世大学経営学部教授・朴永烈―

延世大学で経営学を教える朴永烈氏は5日、「サムソン・LG・SK現代自動車などの韓国大企業は、グローバルアジアの時代に向けた隊列の先頭に立たなくてはならない」と述べた。同氏は、「投資に対する利益がすぐには実現されない未来市場に進出するためには、最高経営者のリスクを甘受する果敢な意思決定を伴う必要がある」とした上で、「韓国大企業がグローバルアジア時代に備えるならば、低成長の沼に落ちた韓国経済を活性化し、若者の失業問題も解消できるはずだ」と語った。

2020-08-15 11面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません