ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年08月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
オリニ夏季交流会 民団佐賀・長崎

 民団佐賀本部(朴弘正団長)は先月下旬、唐津市で「オリニ夏季交流会」を民団長崎本部(姜成春団長)と協力して開催した。交流会には子どもたちと保護者ら75人が参加した。今回、子どもを連れてはじめて参加したニューカマーの夫妻もいた。
朴団長は子どもたちに向け、「一人でもいいから友達の名前を覚え、次回会った時は親しく呼びかけましょう。来年はさらに仲間も増えるでしょう。期待してください」と呼びかけた。
交流会は自己紹介からスタート。子どもたちはスイカ割りや塗り絵などのレクリエーションを楽しんだ。
佐賀本部と長崎本部は2015年から連携して夏季交流事業を実施しており、子どもたちだけでなく、保護者や民団役員らの親睦も深めている。

2020-08-15 7面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません