ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年08月10日 19:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在外同胞財団、韓国教育課程評価院とMOU締結

在外同胞財団が、韓国教育課程評価院と業務協約(MOU)を締結した。(写真)

本協約は、在外同胞に対する韓国国民の理解を深め、次世代の在外同胞に向けた韓国語教育の支援強化を目的としたもの。
両機関は今月6日、△在外同胞に対する国民的理解度の向上に向けた共同努力△在外ハングル学校における標準教育課程の開発、及び教員研修・現場調査・コンサルティングのための共同努力△在外同胞への理解に関する教育資料と研究情報の交流、及び学術セミナー開催などに協力する、等の内容で協約書を交わした。

この日の協約式には、在外同胞財団の韓佑成理事長、キム・ボンソプ専門委員、教育課程評価院のソン・ギソン院長、チョ・ヨンギ副院長らが出席した。(ソウル=李民晧)

*******************************************************************************************

재외동포재단, 한국교육과정평가원과 MOU 체결

재외동포재단은 한국교육과정평가원과 업무협약(MOU)을 체결했다.(사진)

본 협약은 내국민의 재외동포에 대한 이해를 높이고, 재외동포 차세대들의 한글교육을 지원강화하고자 하는 목적에서 이뤄졌다.
양 기관은 지난 6일 △재외동포에 대한 국민적 이해제고를 위한 공동 노력, △재외한글학교 표준교육과정 개발 및 교사연수·현장조사·컨설팅을 위한 공동 노력, △재외동포 이해 관련 교육 자료와 연구정보 교류 및 학술 세미나 개최 등에 협력하기로 합의하고 상호 협약서를 교환했다.

이날 협약식에는 재외동포재단에서 한우성 이사장과 김봉섭 전문위원, 교육과정평가원에서 성기선 원장과 조용기 부원장 등이 참석했다. [서울=이민호]

뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
平壌の異変、権力構造に重大な変化
文政権のレームダック化 顕著に
米中戦争 要衝の韓半島争奪戦
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません