ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年07月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「偵察衛星は大小運用を」―漢陽大学特別功勲教授・金慶敏―

漢陽大学で教授を務める金慶敏氏は20日、「偵察衛星がなくては情報劣勢に苦しむ。韓国も米国や日本のように大型・小型衛星を交ぜて運用すべき」と提言した。同氏は、「分解能の高い光学画像偵察衛星は悪天候や夜間が弱点だ。米国はレーダー衛星などを交ぜ、ほぼ完ぺきに目標物を探知する能力がある」として、「韓国は今年に中型光学衛星を、来年にはレーダー衛星と30センチメートル級光学衛星を打ち上げる予定だ。計画通りに行けば情報収集能力が準強大国の水準まで上がるだろう」と期待を寄せた。

「価値観の偏向に対応」―韓国科学技術院バイオ脳工科教授・李光炯―

韓国科学技術院(KAIST)でバイオ脳工科の教授を務める李光炯氏は23日、「今後はコロナ克服といういわゆる『After Corona』ではなく、共存する『With Corona』の時代になるだろう」と述べた。同氏は、「コロナのようなRNAウイルスは変形を繰り返すため、特効薬が開発しにくい」として、「コロナ共存時代は人間関係も非対面性(ネット上)のものが大半で、価値観の偏向化は確実だ。今後は、人々がえり好みした情報を『信仰』する危険性と向き合わなくてはならない」と警鐘を鳴らした。

2020-07-29 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません