ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年07月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
21年度の最低賃金8720ウォン
増加率1.5%は過去最低

 最低賃金委員会は14日、2021年の最低賃金(時給)を20年比で1・5%増の8720ウォンとする見通しだと発表した。雇用労働相が8月上旬に正式に決定する。
最低賃金の引き上げ率1・5%は、アジア通貨危機の起きた1998年の2・7%を下回り過去最低水準となる。
文在寅大統領は2017年の大統領選挙で「20年までに最低賃金を1万ウォンまで引き上げる」との公約を掲げて当選。18年は16・4%増、19年は10・9%増とわずか2年間で最低賃金を27・3%も引き上げた。一方、中小零細企業から反発を受け、雇用市場も縮小したことから20年水準を前年比2・9%増とし、引き上げペースを急減速させた。
今回も、同委員会の労働組合系の委員らは最低賃金を16・4%引き上げて1万ウォンとすることを主張した。これに対し、経営側は2・1%引き下げた8410ウォンにすることを求めた。最終的に、引き上げ幅の縮小に反発して労働組合系の委員らが欠席・退席した状況で採決が行われた。
文政権は所得主導型経済成長を推進してきた。これは、賃上げを起点に消費を活性化して景気を底上げする戦略。起点となる賃上げが尻すぼみとなるなか、賃上げが中小零細企業の経営を圧迫、国内消費も低迷している。
一方で、特に首都圏での不動産価格は上昇を続けており、政府のちぐはぐな経済政策に国民は不満を募らせている。

2020-07-29 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
米国が中共に宣戦布告
日本初 東京で「黒い傘運動」
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません