ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-05-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年07月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「ポン・ジュノ 韓国映画の怪物」―下川 正晴・著
「名監督」誕生の秘話と背景を探る

 著者の言葉を借りれば、本書は「韓国映画100年史の中にポン・ジュノの作品を位置づけ、評価する」ものである。ところが、その切り口の幅が半端ではない。逆に言えば、このくらい多方面から考察を重ねずして、一人の映画監督を評することなどできるものではない、ということかもしれないが。
『パラサイト』(原題「寄生虫」)を見ていない、ポン・ジュノという人など知らない、韓国映画には興味がない、もっというと映画そのものに関心がないという人でも、何ら問題はない。本書では映画から、映画監督のルーツから、映画配給会社の企業理念からなど、とにかく「映画」というキーワードで繋がる自在な視点による近代・現代史が語られているのだ。
今後映画を見るときには、著者の解説が聞きたくなる―そんな気にさせる一冊だ。
毎日新聞出版刊
定価=1500円(税別)

下川正晴
(しもかわ まさはる)鹿児島県霧島市生まれ。大阪大学法学部卒。毎日新聞ソウル支局長、論説委員などを歴任。元大分県立芸術文化短期大学教授。著書に『私のコリア報道』(晩翠社)ほか多数。

2020-07-15 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「民団正常化委員会」は朝総連方式 常...
第55回定期中央大会 選挙管理委員会...
「今後は在日韓国人の一人として」
金正恩、2億円を朝総連へ送金
第55回定期中央大会「評価」 扇動的...
ブログ記事
「東洋哲学」の問題
「ニュー・ノーマル」はノーマルなのか?
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません