ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年07月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
白善燁将軍 国民的哀悼の中、陸軍葬に
米NSCが異例の哀悼声明

 6・25戦争の英雄で、韓米同盟の土台を作った白善燁大将が10日、享年100歳で逝去した。朴元淳ソウル市長の自殺を美化しようとする文政権は、白善燁将軍の愛国的業績を称えないよう妨害した。韓国社会は白善燁大将を称える韓国人と、白将軍を排斥する韓国人に分けられた。
スターリンの南侵戦争での功労で、金氏王朝で重用された者を「国軍のルーツ」と言った文政権と、共に民主党は、白将軍の死去に哀悼のコメントすら出さなかった。しかし、世論の反発を恐れ、国家報勲処が「白将軍の遺族が国立大田顕忠院を申請した」と発表した。一方、未来統合党と在郷軍人会、陸軍協会、大韓民国守護予備役将軍団などは陸軍葬を準備、白将軍の戦友たちが眠っている国立ソウル顕忠院に安置を要求した。
政権の冷淡な態度に怒った「新全大協」は光化門の李承晩広場に10日の夜、テント6棟規模の国民焼香所を設置し、国を守る高校連合、大韓民国守護予備役将軍団などと一緒に市民葬儀委員会を構成した。1980年代の全大協を風刺して名付けた「新全大協」は、文政権批判活動を展開する保守青年団体だ。
市民焼香所は、「一日に5000人が記帳し、1万2000人が献花した」という。雨の中で、数多くの国民が200メートル以上の列をなした。市民焼香所は14日夜9時まで運営。
一方、米NSCは、「韓国は50年代、共産主義の侵略を撃退するためすべてを捧げた白善燁と英雄たちのおかげで今日の繁栄した民主共和国になった」との声明と、『釜山から板門店まで:韓国軍最初の4星将軍の戦時回顧録』というタイトルの白将軍の英文回顧録表紙の写真も掲載した。ロバート・エイブラムス韓米連合司令官は、「白将軍は心から恋しくなる英雄で、国家の宝」「韓米同盟を作るのに貢献した」と述べた。

2020-07-15 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません