ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-08 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年07月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
RCEP15カ国で会議
グローバル供給源など協力へ

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は6月23日、テレビ電話で閣僚会議を開き、武漢コロナウイルスによる危機への共同対応の強化と年内の協定署名の意志を再確認した。
会議では、新型コロナウイルスで萎縮した貿易・投資とグローバル供給網を回復し、持続可能な成長を実現できるよう共同対応を強化することが話し合われた。会議後には共同声明が発表され、年内の協定調印を目指す方針を明らかにした。
協定の調印は、アジア間の多国間貿易体系・地域一体化・地域経済の発展に向けて確固たる姿勢を支持する意志表明となる。
今回の会議にはRCEP16カ国のうちインドを除いた韓国、日本、中国ほか東南アジアの15カ国が参加。

2020-07-01 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
エネルギー政策のひずみ露呈
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
南北関係破綻の責任を米国に押し付け
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません