ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-08 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年06月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「韓米同盟が安定してこそ」―高麗大学政治外交学科教授・李信和―

高麗大学で政治外交を教える李信和氏は16日、「北朝鮮は軍事挑発を示唆、与党は韓半島終戦宣言を促し、一部の進歩市民団体は現危機を米国の干渉のためだとして韓米隷属同盟の破棄を叫んでいる。しかし、激化する米中対立の中で『本当の瞬間』を強要される状況が近づいている」と述べた。
同氏は、「結局、核心は国益とアイデンティティー・価値観を基盤とする原則に基づき、どのような戦略的選択をするかだ」として、「韓米同盟が安定してこそ。信頼できる同盟の方が他者間の約束よりも良い」と主張した。

「遠隔診療にガイドラインを」―弁護士 ジョン・ヒェスン―

韓国で弁護士として活躍するジョン・ヒェスン氏は20日、コロナ禍によって医療機関の訪問が難しくなったため、政府がいくつかの疾患において一時的に遠隔診療を可能としたことに対し、「遠隔診療はそもそも明確に禁止されているわけではない。だからこそ、利便性よりも安全性が優先されなくては」と述べた。
また、「患者・医師の本人確認、遠隔診療の限界や医師間の協診体制の構築など、問題は山積している」として、ガイドラインの制定を綿密に行う必要性を説いた。

2020-06-24 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
エネルギー政策のひずみ露呈
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
南北関係破綻の責任を米国に押し付け
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません