ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年06月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
産業銀行、双竜自への支援見送る
マヒンドラは経営離脱の可能性も

 産業銀行は17日、オンラインで行われた記者懇談会で、コロナウイルス被害企業を支援するための40兆ウォン規模の基幹産業安定基金を、双竜自動車には投じないと明らかにした。
双竜自動車に対しては、75%の株式を持つ筆頭株主であるインドのマヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が4月3日、2300億ウォンの投資計画を撤回することを表明している。
双竜自動車はこういったなか、主債権銀行である産業銀行に来月までに900億ウォンを返済しなければならない状況。
支援が受けられない場合、回生手続(旧法定管理)によって不良債権を処理後、第三者に売却される可能性も出てきた。
産業銀行は、コロナ支援基金を双竜自動車に対して適用しない理由として、「基幹産業安定基金はコロナウイルス以前から経営に問題がある会社を支援するものではない。現在、同社は基準に基づき支援対象ではない」としている。
関係者は、来月に満期となる産業銀行の借入金900億ウォンのほとんどは担保がある融資なので一部返済という条件で延長されるとみている。
一方、M&Mは経営から手を引く可能性があることを表明している。双竜自動車の売却価格は、M&Mが保有する株式約2000億ウォンに経営権のプレミアムを加えて、2500億ウォン前後と予測されている。

2020-06-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません