ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-01-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年06月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「ママとうみのやくそく」(高希英 文/エヴァ・アルミセン 絵/大竹聖美 訳)

 主人公の女の子にとって、海は得体のしれない存在だ。ときには大きな波が家の屋根に届くくらい打ち寄せたりするし、波に飲み込まれる夢を見たりする。だから「なんだか こわそう」な海なのである。そして、そんな海に毎日潜る母親のことを心配している。海女は海から顔を出すと「フゥ~イ フゥ~イ」と口笛のような音を立てる。女の子にはその音こそが「ママが いきている しるし」だ。
今日も母親が「あわびや わかめや たこでいっぱい」の網を担いで海から上がってきた。するとその後ろには、母親よりももっと大きくて地面を引きずりそうな網を抱えたおばあちゃんが登場する。
これまで一度も海を離れたことのないおばあちゃんは、海を嫌いになった娘が都会に出るのを見送り、そしてまた迎え入れた。ここで読み手は女の子の母親の半生を知ることとなる。
海女と海には「うつくしい やくそく」があると、おばあちゃんは孫に教える。短い言葉のなかに人生哲学があり、何十年もの歳月が流れている。まるで女性の一代記を読んだような、重厚な読後感である。
主婦の友社刊
定価=1400円(税別)

2020-06-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓日をつなぐクリエイター それぞれの...
大阪でも「トランプ再選支持」
【人と今】飯本 和美さん(硝子工芸家)
本国の慰安婦問題判決に「異議」
米中戦争は価値と体制選択の文明戦争ー2
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
「非核化」の仮面を脱いだ金正恩
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません