ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-18 19:54:25
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年06月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【コラム】新弊清算を断行すべし

 (文中敬称略)先の総選挙で国会議員に当選した尹美香が理事長を務めてきた正義記憶連帯(旧挺対協)は、正義どころか、その悪徳ぶりが白日のもとに曝されている。自由民主主義社会の言葉を恣意的に悪用・誤用して、共産主義革命を遂行する悪事を見る思いだ。
「騙されるだけ騙され、利用されるだけ利用された」と憤り、尹美香が隠れ蓑としてきた正義記憶連帯の悪事の数々を告発したのは、30年の同志として活動してきた元慰安婦の李容洙だ。
一言で言うなら、正義記憶連帯は、元慰安婦のためではなく、左翼活動家らの利権を得るための組織であったということだ。そのような組織は、共産主義革命のためには悪事の限りを尽くすと見られている。
先の曺国も疑惑のデパートと称されて告発されたし、今回の尹美香も同様に疑惑のデパートと称されている。が、与党共に民主党の国会議員に当選したがゆえに、国会に逃げ込んでしまった。国会が、逃げこめば罪が問われないという”蘇塗”になってはなるまい。
曺国や尹美香ら疑惑まみれの人物が、文在寅政権を取り巻く有力人物であるということが大きな問題だ。それらの疑惑の一部はすでに明らかにされているので、ここではいちいち紹介しないが、実に恥ずべき疑惑だ。
積弊清算と称して旧政権の不正蓄財を徹底追及してきたはずなのに、今回は新しい弊害を徐去、すなわち新弊清算を行わなければならない事態を現出している。文在寅政権は旧朴槿恵政権以上に不正の悪事に取り囲まれているということだ。
そのような不正を、司法改革と称して公捜処法を成立させて、司法に干渉し、民主主義の根幹である三権分立を破壊しようと企んでいる。先の国会議員選挙で圧勝した与党はその路線を加速させるだろう。しかし、その国会議員選挙は不正選挙であることも指弾されている。
朴槿惠大統領が弾劾された時の状況以上に、現在の文在寅政権の周辺は悪弊が充満している。悪夢ともいうべき共産主義革命をめざす悪弊といっていいだろう。それは、文在寅大統領の弾劾要件が充満しているということに他ならない。
「攻撃は最大の防御なり」という俗言があるが、正義記憶連帯は、遺族会など他団体の活動を、激しく非難してきた。日本からの支援金などの支給を妨害するためだ。そうした支援金の独占を目論んでいたと思われる正義記憶連帯の悪意が見抜けなかったであろうマスコミなどは、正義記憶連帯に同調する論陣を張ったように記憶する。
今思えば、言葉巧みに元慰安婦とマスコミを騙し、国民を騙してきたそうした欺瞞は、悪事の限りを尽くして自分たちの組織を守るためのものであったのだろう。許されざる行為だ。(韓登)

2020-06-10 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません