ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年05月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
古代史万華鏡クラブ 紙上勉強会 第3回
桓武天皇と武寧王<後編>

講師:勝股 優

倭国生まれの武寧王

前編では50代天皇・桓武天皇(737~806年)は百済の武寧王の子孫といわれる渡来系の高野新笠を母として生まれたと紹介した。天皇家と朝鮮半島のかかわりは諸説あるが、確かな関係を記録に残すのは神武から126代今上天皇まで、桓武天皇ただ一人しかいない。また桓武天皇は平氏の祖であり、日本の歴史上のキーパーソンともいえる存在である。
天皇の平安京遷都は、あれこれ政治に介入する奈良の大寺院勢力や対立する天武系皇族(桓武は天智系)との縁を断つために山背(山城)に勢力を持つ渡来人の力を借りたものといえよう。
母親の故郷であったという親近感はともかく、京都には今も太秦の地名が残るように、5世紀以来秦氏や百済王氏などの渡来人を中心にした地であった。
桓武天皇の施政を支えた藤原清成(式家)や藤原小黒麻呂(北家)といった藤原氏の新進のテクノクラートたちも同地出身の渡来人を母や女御とし、桓武天皇の後宮にも百済王氏の娘たちが召し入れられていた。
渡来人や渡来人と縁の深い藤原氏たちの力を借り築かれた平安京は、桓武天皇の後を継いだ3人の子供たち、平城↓嵯峨↓淳和天皇により日本国の礎を構築し、やがて日本独自の王朝文化も築いていくことになる。
さて、次は百済の第25代王・武寧王に迫ろう。02年の日韓ワールドカップの時、上皇陛下は「桓武天皇の生母が武寧王の子孫であることに韓国とのゆかりを感じます」といった旨のお言葉を述べられていることは前編で書いた。
過日、東京上野の国立博物館の「大和と出雲展」で奈良の石上神社に伝来する七支刀の本物を見て感動したのだが、この刀は百済の肖古王が369年に同盟の印として倭王に贈ったものである。刀身に金象嵌された金石文の解釈はいろいろあるが、百済と倭の良好な関係を今に伝える”物”である。そして歴史の証言として、もう一つの”物”がある。
武寧王(462~523年)は百済、高句麗、新羅の3国が激しく覇を競い合っているなかで、百済の勢力を復興させた大王といわれている。
その武寧王の陵が1971年に韓国公州の宋山里古墳群の中から未盗掘の状態で発見された。中にあった墓誌の内容から、確実に被葬者がわかる墓として、世紀の発見ともいわれた。墓誌には「寧東大将軍百済斯麻王」と書かれていた。武寧王の諡は嶋王であった。
日本書紀には《百済の加須利君が弟の昆支王を倭国に貢人する際(三国鼎立時代の百済や新羅は倭国の後楯を得るために皇子を人質として盛んに倭国に送った)同行した夫人が途中の佐賀県呼子の沖にある加唐島で一児を産んだが、その子供を嶋君と名付けて百済に送り返した》と記されており、日本書紀の嶋君が後に武寧王となったことが確認された。今のアメリカの法律なら、武寧王は百済と倭の両国籍を持つことになる。
武寧王は523年に亡くなったが、陵で発見された棺は当時の日本の古墳の木棺に盛んに使われていたコウヤマキ(高野槇・水に強く朽ちにくい)製だったという。
百済は中国の南朝・梁から冊封されており、中国の当時の慣習にしたがえば、クスノキ材の棺を用いるのが常識だろうと思われるが、武寧王の棺だけは違った。
埋葬に際し、倭国からわざわざ運ばれたのではないかと『古代韓半島と倭国』(中公叢書)の著者・山本孝文氏は推測している。調べてみると韓国の済州島にも自生しているらしい。当時の済州島(耽羅国)は百済の属国であり、そこから運ばれた可能性は否定できないが、陵からは倭国製とみられる獣帯鏡が発見されている。日本では常識だが、韓国の古墳では鏡が出土する例はきわめて少ないため、鏡も棺も倭国から贈られたものであろう。
日本で生まれた武寧王。哀悼を捧げるために、あの時代に遠い日本から運ばれたコウヤマキの棺と鏡。古い昔の七支刀と同じように、これまた両国の温かく深い、良好な関係を表す物だ。
上皇陛下のお言葉にある日本の桓武天皇、百済の武寧王や渡来人たちは両国の古代の交流の歴史に深く関係しているのである。
<参考文献>
『日本の古代文化』 林屋辰三郎著 岩波書店
『渡来人とは何者だったか』 武光誠著 河出書房新社
『古代韓半島と倭国』 山本孝文著 中公叢書
『歴史読本』昭和63年12月号 新人物往来社

勝股 優(かつまた ゆう):自動車専門誌『ベストカー』の編集長を30年以上務める。前講談社BC社長。古代史万華鏡クラブ会長。奈良を愛してやまない。

2020-05-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません