ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年05月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
慰安婦団体に金銭問題浮上
出世の踏み台との指摘も

 旧日本軍慰安婦問題の解決を大義名分として掲げる市民団体「正義記憶連帯(正義連、旧韓国挺身隊問題対策協議会)」から内部告発が飛び出した。
元慰安婦の李容洙さん(92)は7日、大邱で記者会見を行い「憎悪と傷だけが残った。集まった募金は被害者たちに渡るべきだが、そのような気配もない。どこに使われたのかも分からない」と暴露した。
李さんは、慰安婦問題解決を目的とする大衆集会「水曜集会」に参加しない旨を宣言し「水曜集会はなくすべきだ。何の助けにもならない」と批判した。
李さんはまた、尹美香前正義連理事長を名指しで批判した。先の4・15国会議員総選挙で、共に市民党比例代表として当選した尹氏に対し「尹氏は国会議員になってはいけない人物だ。この(慰安婦)問題を解決すべきだ」と主張した。
翌8日、尹氏と正義連は、李さんの認知能力を疑うようなニュアンスで対応した。
尹氏は「(30年前にかけてきた)李さんの最初の電話は『私ではなく私の友人が…』という内容だった」と述べ、李さんが元慰安婦ではないとの反応を示した。正義連は、李さんに1億ウォンを渡したことを明かし、その領収証をメディアに公開した。その上で「李さんの記憶が歪曲されており、心身が衰弱した状態」と述べ、まるで認知症であることを示唆するような答弁に終始した。
正義連は、市民団体としての色合いは薄い。むしろ政治家と官僚になるための出世コースとなって久しい。この団体の前身である「韓国挺身隊問題対策協議会」に所属していた人物の中から政官界に進出したのは、挺身隊協議会共同代表を務めたチ・ウニ前女性部長官(廬武鉉政権当時)とシン・ミスク前青瓦台バランス人事秘書官(文在寅政権時)だ。今回、国会議員に当選した尹美香氏は「慰安婦問題闘争」のシンボルとして、挺身隊協議会代表と正義連理事長を務めていた。
挺身隊協議会が出世のため踏み台に成り下がったという指摘も続いている。挺身隊協議会の元共同代表ユン・ジョンオク氏は1997年2月、市民連帯主催のセミナーで「(元慰安婦の人たちが賠償金を受けとる行為について)罪を認めない相手から同情金を得るならば、被害者は志願した公娼にすぎない」と発言したことがある。活動家が被害者らがカネを得るために慰安婦になったという論理を突き付けたという事実には驚きを隠せない。
一方、正義連が朝総連と深く関わっているという説も根強い。一例として、2018年8月、朝総連の機関紙・朝鮮新報が東京で主催したある討論会に、正義連が祝賀メッセージを送ったという事実が確認された。当時の弁護士シム・ジェファン氏が祝辞を代読し、尹美香氏は私的な事情で来場できなかったと述べた。シム弁護士は、イ・ジョンヒ前統合進歩党(現進歩党)代表の夫だ。尹氏の夫であるキム・サムソク氏は、仁川のマッカーサー将軍の銅像撤去集会など、各種の反米集会をリードしてきた人物だ。
正義連は管轄の鍾路警察署に対し、13日に駐韓日本大使館前で第1439回水曜集会の開催を申請した。しかし、当事者である李さんの内部告発により、さらなる追加の暴露や批判を伴う問題提起がなされることも予想される。韓国内の反日感情を煽るようリードしてきた当該団体の「金銭・会計の透明性」問題をはじめ、今後も暴露が続くのだろうか。また、駐韓日本大使館前にある「慰安婦少女像」撤去と水曜集会中断にも繋がるのだろうか。今後の動きが注目される。(ソウル=李民晧)

2020-05-13 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
サムスンが「6Gビジョン」発表
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません