ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年05月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
李容洙氏が慰安婦団体を告発

旧日本軍の慰安婦として米国やEUなどの議会で証言してきた李容洙氏(92歳)が7日、大邱で記者会見し、今後「水曜集会」に参加しないことを宣言した。李氏は、日本軍慰安婦出身者たちが、正義記憶連帯(旧挺身隊問題対策協議会)や尹美香(共に市民党の国会議員当選人、正義記憶連帯の理事長)に利用ばかりされてきたと非難。尹美香と共に市民党側は、李容洙氏の記憶に問題があり、野党側が李氏を利用していると反論。また、李氏が最初、自分ではなく友たちが慰安婦被害者だったと言ったと攻撃した。李容洙は文在寅とも格別な関係で政治的な波紋が予想される。一方、今回の事態で正義記憶連帯が4年前から、日本の朝総連学校の生徒に奨学金を支給してきたことが明らかになった。

2020-05-13 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
サムスンが「6Gビジョン」発表
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません