ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年05月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
文政権の不法捜索と工作政治
反政権集会主催者口座を査察

 文在寅政権が先月の選挙で圧勝した背景には、悪辣な政治工作があった。文政権は右派の群小政党を糾合しようとした全光焄牧師を拘束したのだ。全牧師の拘束で右派政党の結集は失敗した。文政権は病中の全牧師の保釈も許可しなかった。だが選挙後、警察が全光焄牧師を支援した市民たちの金融口座を2月から4月の間、調査したことが明らかになった。警察は、保守右派集会を主導した「文在寅下野汎国民闘争本部」の後援者口座を家宅捜索し、その事実を当事者には総選挙の後に通知した。
警察は、反文在寅集会を主催した市民の口座を査察、証拠隠滅と証人脅威などの恐れを理由に75日間の金融取引情報の提供事実通知を延期。銀行には総選挙が終わるまで当事者に知らせないように通達した。
文政権の不法査察は2017年、「太極旗集会」後援者数万人の金融口座を不法査察して以来、最大規模。

2020-05-13 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません