ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年04月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
選挙区から初の脱北者 太永浩氏が当選

脱北者初の選挙区国会議員・太永浩氏
 元駐英北韓公使の太永浩氏(57・未来統合党)が、4・15総選挙でソウル・江南甲選挙区から当選した。脱北者の選挙区国会議員誕生は初めて。
コッチェビ(北韓のストリートチルドレン)出身のチ・ソンホ氏も、未来韓国党から比例代表として出馬し当選した。北韓人権運動家でNAUH代表のチ氏は「松葉杖の脱北者」として有名だ。
チ氏は列車事故で腕と足を失った。00年、松葉杖をつきながら中国に渡り、コメを買おうとした際に逮捕されて北へと送還。その後、06年に弟を連れて再び脱北。チ氏のこうした壮絶な経験の数々は、国会議員当選への力となった。チ氏のように、比例代表から当選した脱北者議員は前例がある。12年の第19代総選挙で当選した趙明哲氏だ。
しかし、太永浩氏のように政党から公薦を受けて選挙区から出馬したのも、有権者の投票で当選したのも今回が初めてだ。さらに、ライバルの金星坤・共に民主党候補を圧倒的な票差で引き離して当選した。太氏の得票率は58・4%で、金候補の39・6%をはるかに上回った。脱北から4年目で韓国国会議員という責任ある地位を得た。命をかけて韓国に渡った4万人の脱北者たちにとって、希望の光ともいえる。
太氏は当選が確定すると、夫人のオ・ヘソン氏とともに愛国歌(韓国の国歌)を歌った。当選後の第一声は「大韓民国は私の祖国です」だった。

2020-04-22 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません