ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2020年04月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
無人偵察機が韓国に到着

 文政権が武器導入の予算を減縮している中、ハリー・ハリス駐韓米国大使は19日、ツイッターに「今週、韓国にグローバルホークを引き渡した米安保協力チームを祝賀したい」「韓国空軍と、鋼鉄のような米韓同盟において非常に良い日」と書き込んだ。グローバルホークは20キロメートル上空から地上0・3メートルの物体を識別できる偵察衛星級の高高度無人偵察機。韓国空軍は昨年12月末、グローバルホーク1号機を引き受け、ハリス大使が公開したのは2号機と推定される。韓国空軍は今月中にグローバルホーク3号機を韓国に移送する予定で、4号機も上半期中に到着する予定。韓国軍は、米国からのF35Aステルス戦闘機の戦力化行事も外部に公開しなかった。

2020-04-22 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません