ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-22 06:51:26
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年04月08日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
写真家・藤本巧さん、土門拳賞受賞『寡黙な空間』
韓国を撮り続けて半世紀

 半世紀もの間、韓国を撮り続けている写真家がいる。今年2月、第39回土門拳賞(毎日新聞社主催、ニコン、ニコンイメージングジャパン、東京工芸大学協賛)を受賞した藤本巧さんだ。
藤本さんは1970年の夏に初めて韓国の地を踏んだ。ポプラ並木が続く道や、広がる茅葺きの村里、漂う土の香りに桃源郷を見たという。そのときの感触が今でも自身を韓国に引き寄せる原点になっているのだそうだ。
今回、受賞の対象となったのは写真集「寡黙な空間 韓国に移住した日本人漁民と花井善吉院長」(工房草土社)だ。藤本さんは次のように語る。
「日本が朝鮮半島を統治していた痕跡を取材していて、旧小鹿島慈恵医院(ハンセン病療養所)・花井善吉院長のことを知った。日本式の生活様式を押しつけるのではなく、韓国人の民族性を尊重して患者たちに誠をもって接したことを、写真を通して語りたかった。日韓関係をほぐす鍵が、そこにあると思ったからである」
作品は山形県酒田市の「土門拳記念館」で8月28日~10月11日に展示される予定だ。主な写真集に、「韓くに風の旅」(筑摩書房)、「韓くに、風と人の記録」(フィルムアート社)、「私の心の中の韓国」(韓国で出版)がある。

写真右:「寡黙な空間 韓国に移住した日本人漁民と花井善吉院長」/工房草土社刊/定価=4500円(税別)

2020-04-08 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
OK金融グループ、マスク100万枚を寄付
慰安婦団体に金銭問題浮上
洗って使える韓国製抗菌マスク
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません