ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年04月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国選手団も今後に注目

 武漢ウイルスの感染拡大を受け3月24日、2020年東京オリンピック・パラリンピックは1年程度延期されることが決定した。
国際オリンピック委員会(IOC)によると、これまでに出場権を得た選手は全体の57%だという。開催延期により、これらの選手が出場資格を維持できるのかという点に関心が集まっている。ほとんどの競技は、それぞれの国際競技連盟が定める大会で与えられるポイントや世界ランキングなどが出場枠決定の基準となるが、1年後にはそれらが変動する可能性がある。
韓国では19競技で157人の選手が出場切符を手にしている。代表の再選考はあり得るのか、サッカーのように年齢制限が設けられている場合はどうなるのかなど、今後の取り決めが注目されている。

2020-04-01 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません