ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2020年04月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米議会 韓国に地上発射型ミサイル配備を提案
中国北部をほとんど射程に

 米議会予算局(CBO)が中国との紛争に備え、韓国に地上発射の長距離ミサイル配備案を提案した。
米国の声(VOA)の報道によれば、CBOが2月11日に発刊した「地上発射長距離ミサイル配備に関するオプション」という報告書で、中国との紛争が発生したとき、米軍の長距離ミサイルをどこに配備したら効果的かを分析した。
米軍が配備すべきミサイルとして、長距離空対地ミサイル「JASSM」の地上型改良型(JASSMER)と対艦ミサイル(LRASM)、地上発射のSM6などを提示した。
報告書は、域内の同盟国がJASSMERの配備に同意すれば、米軍は中国本土の目標を攻撃できると分析。特に「韓国に配備すれば、中国北部はほとんど射程圏に入る」と付け加えた。ただ、韓国と日本などが中国の報復攻撃を恐れるのが問題だと指摘した。米軍は、韓国内に臨時配備中のTHAADの発射台をソウル、烏山、平澤に置くなど拡大を進めている。

2020-04-01 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
サムスンが「6Gビジョン」発表
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません