ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年03月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新番組「緑豆の花」

父に認められるため汚れ仕事を引き受けていたイガン(チョ・ジョンソク=中央)は、やがて革命のため立ち上がる©SBS

 日本初放映の本格時代劇がKNTVから登場。農民軍として立ち上がった兄と討伐軍として銃を手にした弟。義兄弟の過酷な運命を激しいアクションで描く。
チョ・ジョンソクとユン・シユンが共演。チェ・ムソンが農民運動を率いた緑豆将軍ことチョン・ボンジュンを熱演するほか、実力派名脇役たちが集結。監督・演出は、『六龍が飛ぶ』のシン・ギョンス。

◆ストーリー
1894年、全羅道。役人たちは不正三昧で私腹を肥やし、民は苦しい生活を強いられていた。役人の庶子として生まれたイガン(チョ・ジョンソク)は幼い頃から民に暴行を働くよう父に育てられ、鬱屈を抱えて生きていた。イガンの腹違いの弟イヒョン(ユン・シユン)は本妻の子としてエリート教育を受け日本留学から戻る。異母兄弟でありながら、イガンは心優しい弟を可愛がり、イヒョンも兄を慕っていた。イガンはある日、商人のジャイン(ハン・イェリ)と口論になる。一方、その頃、東学の指導者であるチョン・ボンジュン(チェ・ムソン)は身分差のない世界を目指し農民運動を密かに計画中だった。やがてイガンは、ボンジュンとの出会いから自分の道を見出し革命に身を投じていく。そしてジャインもまたイガンの本当の心の内を知り、運命を共にするようになるが…。

◆放送予定
4月27日(月)スタート。全24話。毎週(月)午後8時~10時30分、2話連続放映。KNTVで。

2020-03-25 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません