ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年03月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「北朝鮮帰国事業の研究」出版
多様な資料と新たな視点で展開

 本書は、在日コリアンにとって最初の移住であった朝鮮半島からの渡日(1880年代~)から解放後の帰国運動「前史」ならびに実施時期を主な対象とし、帰国運動の展開過程を詳細に分析したものである。帰国を主導した主体や目的、北韓の帰国推進意図などについても再検討している。
朝鮮語、日本語、英語、フランス語、ロシア語などの多様な資料を解読し、移民史の視点も取り入れて展開する。本文は700ページ近くに及び、注釈でおよそ100ページ、参考文献、関連資料の紹介で50ページほどになる。
第1部は「日朝・日韓関係と『帰国問題』の展開」、第2部は「北朝鮮の意図と帰国者を巡る状況」と題して、著者は「北朝鮮帰国問題に対する客観的で包括的な実像の提示を試みた」とする。

2020-03-25 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません