ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-04-08 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2020年03月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国プロ選手が初感染 仏サッカー2部・トロワ所属

 仏サッカー2部リーグ・トロワAC所属の石鉉俊選手は、13日(現地時間)の午後の検査で武漢肺炎の陽性反応を確認したと、仏メディアが報じた。数日にわたり体調が思わしくなかったという。下部組織所属の選手も感染が発覚したため、チームはその日からトレーニングを中止した。韓国のプロスポーツ選手としては初めての感染で、仏リーグで活躍中のプロ選手の中でも最初のケースとなった。
石鉉俊選手は元韓国代表で、19歳だった2010年にオランダの名門アヤックス・アムステルダムでデビュー、その後FCポルト(ポルトガル)などを経て、今年1月からトロワに入団。これまで5試合に出場している。

2020-03-25 5面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
在日民団 入国制限の長期化懸念
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
苦境に立つコリアンタウン
株安・ウォン安で韓国経済に非常事態
米議会が「一つの中国」を法的に廃棄へ
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません