ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 芸能・スポーツ
2020年03月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国プロ選手が初感染 仏サッカー2部・トロワ所属

 仏サッカー2部リーグ・トロワAC所属の石鉉俊選手は、13日(現地時間)の午後の検査で武漢肺炎の陽性反応を確認したと、仏メディアが報じた。数日にわたり体調が思わしくなかったという。下部組織所属の選手も感染が発覚したため、チームはその日からトレーニングを中止した。韓国のプロスポーツ選手としては初めての感染で、仏リーグで活躍中のプロ選手の中でも最初のケースとなった。
石鉉俊選手は元韓国代表で、19歳だった2010年にオランダの名門アヤックス・アムステルダムでデビュー、その後FCポルト(ポルトガル)などを経て、今年1月からトロワに入団。これまで5試合に出場している。

2020-03-25 5面
뉴스스크랩하기
芸能・スポーツセクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません