ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-04-08 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年03月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ロッテHD、会長に辛東彬氏
韓日の経営責任担う

 韓国ロッテグループは19日、辛東彬会長が日本のロッテホールディングス(本社・東京)の取締役会で会長に選任されたと発表した。
ロッテHD会長職は、1月に死去したロッテグループ創業者の辛格浩氏が2017年に名誉会長に就任してからは空席のままだったが、今回の決定で辛東彬会長は韓日両国で経営の責任をすべて担うことになった。
東彬氏は格浩氏の次男。18年2月に朴槿惠前大統領側への贈賄罪に問われ実刑判決を受けたが、昨年2月に現場に復帰した。
今後は韓日ロッテの交流と協力を強化し、グローバル戦略を共同で推進するなど両国間のシナジー向上へさらなる積極策を模索するものと見られる。

2020-03-25 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
在日民団 入国制限の長期化懸念
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
苦境に立つコリアンタウン
株安・ウォン安で韓国経済に非常事態
米議会が「一つの中国」を法的に廃棄へ
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません