ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-08 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
話題の既刊本「闇の眼」(1990年発行)

 行方不明のまま死んだとされた息子が、実は生きているとの連絡が母親のもとに届く。キーとなるのは、中国・武漢の郊外にある生物研究所で、致死率100%の「武漢400」と名付けられたウイルス兵器―これは米SFサスペンスの第一人者、クーンツが80年代に発表した『闇の眼』(原題は『The eyes of darkness』)の設定だ。まるで現在を予言したかのような内容に、世界のクーンツファンの間で話題になっている。

光文社文庫刊
ディーン・R・クーンツ著
松本みどり訳

2020-03-18 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません