ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ」(イ・ギホ・著/斎藤真理子・訳)

 主人公である”僕”は、親族のちょっとした揉め事を和らげるため故郷のP村へ帰省し、そこで後輩から恋人に関する相談を受ける。後輩とその恋人は、僕と同じ教会に通った仲間であり、後輩から「彼女に会って話をしてほしい」と頼まれる。ここまでは、ごく自然な流れだ。ところがこの先、何となく雲行きが怪しくなってくる。僕は「ちょっと不思議な気分にとらわれ」、「胸の奥底から何か熱いものがどんどんこみ上げて」くる状態に陥る。その理由は間もなく明らかになるが、さらにその奥にまだ何かが隠されている。
「僕」の視点で書かれているこの短編小説は、僕が知らないことは当然ながら書かれていない。そして僕は何も気付かないまま物語が終わるので、読者だけがそこに取り残される。いったい何があったのか―いや応なしに読者はページを戻して確かめたくなる。そして、数々の伏線を発見する。
本書は標題のほか6編、いや7編が収められている短編集だ。笑った後にじわじわと怖さも染み出てくる作品群だ。読み終わったら、先ほどの編数の訂正も納得いただけるだろう。
亜紀書房刊
定価=1700円(税別)

2020-03-18 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません