ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-01 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】「死にたいけどトッポッキは食べたい」(ペク・セヒ・著/山田ミル・訳)
「気分変調症」の治療を通して自分の内面と向き合うカウンセリング記録

 言葉に出して誰かに伝えたり、文字に書き起こしたりするのに、かなりの勇気がいったことだろう。ここまでオープンにするのかというのが正直な感想だ。自分の内部にプクリと湧いた泥のように感じる何かを、正面から見据えることは至難の業だからだ。
本書は「気分変調性障害」という、ひどい憂鬱症状ではないが軽い憂鬱症状が続く状態になってしまった著者自身の治療記録である。医師との会話を通じて一進一退を繰り返す「私」に自分の姿を重ね合わせ、いつしか固唾をのんで医師の言葉を待つようになる。特に問題があるわけでもないのに、どうしてこんなに虚しいのだろう―この疑問を一度も抱かずに生きてきた人は、一体どれくらいいるのだろうか。人間関係に悩んだことのない人がいるのだろうか。
表現の違いや程度の差はあるかもしれないが、この本に書かれている幾つかは確かに自分のことなのだ。カウンセリングは終了しない。だから答えが明確に提示されるわけではない。作者が言うように、これは「自分だけではない。あきらめずにいこう」という願いでありエールなのだろう。
光文社刊
定価=1400円(税別)

2020-03-18 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
日本の「慰安婦」活動団体の実態
分断終息へ向かう韓半島
歴史捏造・洗脳工作を行う朝総連
国民主権を強奪する文在寅集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません