ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「中・北韓のような政策」―元在韓特命全権大使・武藤正敏―

在韓特命全権大使を歴任した武藤正敏氏は10日、「新型コロナウイルスによる経済危機に対する韓国政府の姿勢を見る限り、韓国はもはや中・北韓のような社会主義体制に向かっているように見える」と述べた。同氏は「韓国はマスク生産業者の自由な販売を阻止し、配給制に変えた。北韓と類似した政策だ」と指摘。また「日本政府による韓国からの入国制限には直ちに反発したにもかかわらず、中国に対しては湖北省以外の入国制限措置を講じていない。原因が中国であったことを忘れているのか」と批判した。

「腐敗が伝染病を拡散させる」―ソウル大学経済学部教授・金炳椽―

ソウル大学で経済学を教える金炳椽氏は11日、「北韓の体制にもっとも脅威となるのは、腐敗を通じて新型コロナウイルスが拡散すること」だと指摘した。同氏は「官僚と経済勢力が結託した賄賂共同体にとっては、国境封鎖は大金を稼ぐチャンスだ。秘密裏に輸入された商品は北韓内を移動し、高額で売買される」として、腐敗が伝染病を拡散する経路となることを説明した。また「現状を打開するには経済発展によって腐敗を減らすしかなく、そのためには非核化・開放しかない」として、現体制は窮地に陥っていると述べた。

 

2020-03-18 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません