ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
サムスンがニュージーランド企業と5G供給契約

 サムスン電子は5日、ニュージーランドの最大手モバイル通信事業者・スパークと第5世代(5G)モバイル通信機器の供給契約を交わしたと発表した。
すでにサムスンは、米国の通信会社4社、カナダ、日本でも5G供給契約を結んでいるが、ニュージーランドは初めてとなる。
今回の契約は、韓国国内で商用化した3・5Gヘルツ周波数帯域の5G基地局や、通信機器をスパークに供給するもの。スパークと合同で今年から5G商用網の構築を開始し、世界初の5G商用化経験を通じて培った技術や、大規模な商用ネットワーク構築の経験、最適化のノウハウなどを積極的に活用する。
サムスンは世界のモバイル通信市場でのシェアをさらに拡大していく戦略で、5G通信のトップ企業を狙う。

2020-03-18 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません