ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年03月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
もう一つの反逆陰謀、「憲法拉致」

 総選挙に国民の関心が集中している中、とんでもない反逆行為が起きた。事実上、任期が満了した国会が3月6日、現行憲法の憲法改正条項だけを改正する「国民発案改憲案」という憲法改正案を議決した。
憲法128条1項の「憲法改正は国会の在席議員の過半数または大統領の発議で提案される」に追加して、有権者100万人の署名で改憲案を発議できるようにしたのだ。
現行憲法が規定する国会在席議員の過半数は、全国民の半分の賛成と同じ厳格な規定だ。これを審議もせず、国民100万人署名で憲法改正を発案できるのは憲法の枠組みを完全に変える行為だ。
文政権は10日、国務会議で、国会のこの「憲法国民発案制度導入」のための憲法改正案公告案を議決した。ポピュリズムを憲法で保障するものだ。問題は、この陰謀に野党が加担、特に文政権審判の主役となるべき黄教安などが同調していることだ。メディアはこの改憲の問題点を全く報じない。来月の総選挙で野党が勝利しても、文政権に対する審判と牽制は期待し難い状況だ。

2020-03-18 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません