ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年03月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「インド太平洋戦略に関与を」―前外交部次官・申珏秀―

前外交部次官で、法務法人セジョンの顧問を務める申珏秀氏は3日、「インド太平洋戦略への消極的立場は韓国の選択を狭める。自由主義の国際秩序を維持・発展させるべき」と主張した。「韓国は韓半島問題にこだわりすぎて、秩序の大転換期という大きな流れに乗るのをためらっている。東アジア地域の当事者として確固たる主体性を持ち、力量に見合った多様な活動で外交のテコを作っていく。自由で開かれたインド太平洋は我が国生存の必須条件だ。外交安保戦略レベルで同戦略に参加すべき」と述べた。

「政治的判断で状況悪化」―韓国保健行政学会会長・朴恩澈―

韓国保健行政学会会長である朴恩澈氏は2日、「中国武漢で発生した新型コロナウイルスの患者数が2003年のSARSと比較して10倍以上となったのは、政治論理が介在したためである」と批判した。さらに「中国はウイルス発生初期の患者情報を隠蔽・縮小し、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は自分を支持した中国政府に忖度して緊急事態宣言が遅れ、韓国は習首席の訪韓を念頭に置いた政治的判断で事態を悪化させた」として、政治論理ではなく科学的見地に基づいた対応を強く求めている。

2020-03-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません