ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年03月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【コラム】加計学園 今度は差別疑惑

 安倍友と称される加計学園の岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市)が、韓国人受験生8人全員を2次試験の面接で0点とし、不合格にしていたことが明らかになった。週刊文春が内部告発の証拠書類を提示してすっぱ抜いたのだ。
加計学園は獣医学部新設で、安倍総理大臣が便宜をはかったのではないかという疑惑で新聞・テレビ・ネットを大いに騒がせて一躍有名になった。そして今回は、韓国人差別とも受け取られかねない非常識な事態を誘引しているのだ。
萩生田光一文部科学大臣は国会答弁で、「推薦入試をめぐり韓国人受験生が不当な扱いを受けたとする週刊文春の報道について、学園側に事実関係を確認している」とし、「選抜実施要項には、合理的理由なく出身地域などで一律の取り扱いの差違を設けることは不適切と明記してる」と述べている。
安倍友と称される集団は、国有地払い下げ問題の森友学園でも物議をかもした。その安倍友に現在の萩生田文科大臣も含まれており、国会で厳しい追及を受けていたが、他の安倍友と同様に追及を逃げ切った感じだった。今回はどのような結論を出すのか、世間が注目しているようだ。
週刊文春に掲載された内部文書によれば、韓国人受験生8人が面接0点となり、中には1次試験の筆記では優秀な成績の者もいた。誰が見ても不自然だ。内部文書提供者も怒りを滲ませているという。韓国人か在日韓国人なのか、それとも韓国からの留学生なのかは定かでないが、面接結果について獣医学部教授陣は「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明しているそうだ。
しかし、受験生の中には日本語科目の試験で満点に近い優秀な成績を収めた者もいたということであり、日本語でのコミュニケーションが困難だという理由は正当化できない。事実であれば破廉恥極まりない理由だ。
(韓登)

2020-03-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません