ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年02月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
バラカ原発に運営許可
韓国の輸出1号機

 アラブ首長国連邦原子力規制庁(FANR)は18日、バラカ原子力発電所1号機の運営許可を承認した。近日中に試運転を経て商業運転を開始する見通しだ。
当初は2017年の上半期に、1号機の試運転を行う計画だったが、安全面や現地の人材育成などの理由から延期していた。
バラカ原発1号機はUAE唯一の原発で、韓国にとって初の原発輸出プロジェクトである。李明博政権だった09年12月に韓国電力が契約金約186億ドルで受注以降、工事が進められてきた。
次世代原発の加圧軽水炉型(APR1400)原発4基をアブダビの西側270キロの地域に建設するもので、将来的にはUAEの全電力需要の約25%を供給する見込みだ。

2020-02-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
突如持ち出された「行政首都移転」
【映画】『鬼手』(韓国)
ヨンジョンの毎日眞味(第50回) 簡...
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません