ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-18 19:54:25
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年02月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【コラム】検察破壊、韓ドラのような現実

 新型コロナウイルスと称されるものが、発生地の中国武漢市から拡散され、世界各地で感染者が相次いでいる。日本では13日、フランスでは14日、台湾では15日に、それぞれ初めて、新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎による死者が確認された。また、14日にはエジプトで発症者が確認され、アフリカ大陸初の感染例となった。
連日、そのようなニュースが流れる中で、たまたま『私が恋したテリウス』という韓国ドラマを見る機会を得たのだが、その中にコロナウイルスが生物兵器として使用される場面があって驚いた。
コロナウイルスが生物兵器に使用されるものなら、新型コロナウイルスは、どのような凶暴性があるのか、その凶暴なウイルスがテロに使用されたらどうなるのか。ニュースをみていると、心配で心配でならない。
人口1100万人の武漢市の住民500万人が旧正月で、それぞれの地方に帰省したといい、街によっては外の住民を入れないように警備員を置き、訪問者を追い払う映像も流れている。
韓国など周辺国も、武漢市にいる自国民を政府チャーター機を派遣して帰国させている。まさに武漢市にテロが発生したといってもいいような状況だ。
韓国ドラマでのコロナウイルスによるテロは、テリウスらの活躍で未然に防ぐことができたが、テロ実行犯の黒幕は製薬会社で、大統領秘書室長も深く関与し、その製薬会社の株価が上昇したと喜んでいるのだ。ドラマの中のこととはいえ、怒りがこみ上げてくる。
その背後関係の企みをあれこれ考えていると、ついつい曺国一派の検察改革といえば聞こえはいいが、その実、検察破壊を考えてしまった。まさにテロという状況だ。行政機関が、司法機関の人事に介入することなどあってはならない。民主主義破壊テロ、司法機関破壊テロといってもいいだろう。
ソウル大学教授の曺国は、教授職を停止される懲罰を科されたとニュースで報じられたが、3カ月は50%、それ以降は30%の給料が支給されるという。現在の韓国は、司法機関を破壊するテロリスト集団の天国なのか。民主主義を破壊するテロリスト集団の暗躍は許されない犯罪だ。
(韓登)

2020-02-19 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「歴史の転換点」仁川上陸作戦から70年
狂乱の文在寅「生命尊重」に敬意を示す
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません