ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2020年02月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
公明選挙は憲法の命令
事前投票と不在者投票不正を監視せよ

 文在寅集団が全体主義暴圧を露骨化している。彼らは「総選挙で多数党の地位を失えば破滅する」という恐怖からあらゆる不正手段を動員する態勢だ。文政権はゲシュタポ組織の公捜処が7月に発足するまでの時間を稼ぐため、放送通信委員会を動員して、ソーシャルメディアとYouTubeを徹底監視・弾圧している。総選挙は、総投票の30%と予想される事前投票と不在者投票監視が自由を守る鍵だ。

法務長官と大法院長を弾劾する国民革命へ

 中国肺炎事態を契機に、習近平と金正恩が全体主義暴圧体制の弱さを表しているなか、習近平と金正恩を連帯の対象と考えてきた文政権も、国内外の環境の激流の中で漂っている。
不法クーデターで権力を簒奪した文政権が、4月の総選挙で国民の審判台に乗せられる。そのため有権者を分裂と混乱の中に追い込み、多数議席を確保するため権力を動員した暴圧措置へと走っている。
この全体主義権力を通じての暴圧の先頭に立ったのが、法務長官の秋美愛だ。秋は文在寅を守るため、違法かつ無理な指示とあらゆる奇妙な論理で検察の捜査を妨害し、捜査検事たちを粛清、文在寅が事実上主犯である蔚山市長選挙不正の控訴状を公開しないようにした。
この秋美愛が今、捜査検事と起訴検事を分離すべきという奇想天外な主張をして裁判まで妨害・阻止しようとしており、国民の嘲笑の対象となった。
捜査と起訴を分離することは、取材する記者と記事を書く記者を分離するという話で、裁判をした裁判官ではなく、別の裁判官が判決を下すということだ。
秋美愛は、すでに職権乱用で告発された。秋美愛は蔚山市長選挙不正にも責任がある。当時、与党の代表として問題の不正選挙を総指揮したのが秋美愛だ。秋美愛は、自分の息子が軍服務中に休暇に出て帰隊せず処罰を受けることになるや、関係者に圧力をかけて息子が脱走処罰を受けないようにした疑惑まで明らかになった。
秋美愛法務長官が捜査起訴検事分離を提起した後、尹錫悦検察総長に会おうとしたが尹総長はこれを拒否した。
文喜相国会議長は、文在寅の犬となって連動制比例制や公捜處法などを違法かつ強行に処理したにもかかわらず、捨てられた。秋美愛も世論が悪化したため間もなく捨てられてるはずだ。それでも秋美愛は自分も大統領となる夢を見ながら無理をしている。
4月の総選挙で野党が多数党になれば、金命洙大法院長と秋法務長官は直ちに弾劾の対象になるだろう。
共に民主党は、選挙法違反で起訴されている蔚山副市長や黄雲夏大田警察庁長などをはじめ、文政権で司法粛清のため彼らに協力していた左翼判事出身の3人(崔基相、李誕熙、李秀眞)を候補として出す予定だ。主体思想派出身が候補を決定する。3年前の大統領補欠選挙と地方選挙などで動員した煽動部隊が再び跋扈している。
もちろん、文政権も四面楚歌だ。何よりも内部が分裂している。彼らを支持した、いわゆる左翼市民団体が文在寅集団の破廉恥さに歯ぎしりし、批判を加えている。文在寅集団の恥知らずを批判するコラムを書いた大学教授が告訴された。選挙制度を破壊した犯人たちが単純な見解表明のコラムを選挙法違反として告発した。
世論が文在寅批判になるや、検察と判事も文在寅に反旗を翻した。文政権によって司法積弊で追い込まれた裁判官3人が13日、1審で無罪判決を受けた。文在寅の忠僕である金慶洙慶南知事に有罪を言い渡して法廷拘束したが、左翼権力によって拘束された判事も1審で無罪が宣告された。
一方、最高裁は13日、文在寅のための世論を操作したドルキングの金・ドンウォンに懲役刑を確定判決した。
文在寅が直接指示していた事件は、ただ一つも有罪判決がない。文が直接捜査を指示した事件はすべて無罪となった。機務司令部のクーデター模擬説などを提起して解体したが、クーデター説は捏造されたもので、多くの関係者を調査したが、全員無罪だ。
それでも文在寅は法の上に君臨している。破綻状態の経済の失敗も中国肺炎事態を言い訳にしている。
今回の選挙で当選、落選を決定するのは、事前投票と不在者投票だ。現時点で政党が50以上出現すると思われる。比類のない混乱状況だ。適切に管理されそうにない。
野党陣営が急いで無理に統合する格好を作り上げているが、理念と政策面で共通点がない。真実を無視して、ひたすら選挙工学に没頭しており、深刻な副作用が予想される。
自由民主体制を守るのか、全体主義の親中反逆政権の国家破壊と国民搾取略奪を許すかの決戦だ。結局、事態収拾は、不法政権を弾劾する国民革命への道しかないように見える。

2020-02-19 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません