ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2020年02月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国が誇る豊かな歌声響く
2.8独立宣言101周年記念前夜祭で

尹亨柱さんと裵宰徹さんが公演

2・8独立宣言101周年記念前夜祭が7日、東京の韓国YMCAで開かれた。式典後の公演会では、韓国を代表する声楽家らによる力強い歌声が響いた。韓国フォークソングブームをけん引してきた尹亨柱さんと、甲状腺がんから奇跡の復活を遂げたオペラ歌手の裵宰徹さんだ。

 裵宰徹さんの声楽家として道のりは順調だった。テノーレ・リリコ・スピント(劇的な歌唱に適する強靭な声)という貴重な声質を持ち、「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称された。そんな裵さんが甲状腺がんであると判明したのは2005年秋。声を出すために必要な神経をすべて切除せざるを得なかったが、日本での声帯回復手術により奇跡的に声楽家として復活した。片側の声帯が完全に麻痺した状態であり、本人も言うように以前のような声量はない。それでも「なぜか涙があふれてきた」と心を揺さぶられる観客は多い。ステージでは「アメイジンググレイス」など3曲を披露、会場からはアンコールの声が沸き上がった。
1960年代後半、ソウル武橋洞に音楽喫茶「セシボン」がオープンし、フォークソング第1世代が活躍した。68年、尹亨柱さんは宋昌植さんとフォークデュオ「ツインフォリオ」を結成、その美しいハーモニーは幅広い層に人気を博した。その後ソロとして活躍、コマーシャルソングも数多く制作し、ラジオ番組のMCなど活動の場を広げた。「昨日降った雨」で始まったステージでは、軽快なトークでも盛り上がった。また、詩人の尹東柱とは血縁関係にあり、日本でも茨木のり子さんが著書「ハングルへの旅」の中で紹介するなどファンが多い。星をうたう詩人といわれた尹東柱と同じように、尹亨柱さんも星は好きだと話し、「二つの小さな星」など情感豊かな曲を披露した。

写真左=トークでも人を惹きつける尹亨柱さんはファン層も幅広い/写真右=「アメイジンググレイス」を熱唱する裵宰徹さん

2020-02-13 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません