ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年02月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日全南道民会が新年会
韓日の懸け橋の役割を

 在日全南道民会の新年会が9日、都内のホテルで開かれ約80人の出席者で賑わった。
徐廷敏会長は「昨年は戦後最悪の韓日関係と言われネット上には断交を求める声も上がった。しかし、幸いなことに民間交流には深刻な影響を及ぼしていないとみられる。こういう時だからこそ在日全南道民会を含め、我々在日同胞が両国の懸け橋となる役割を果たしていかないといけないと思う」と挨拶した。
続いて金瑛録・全羅南道知事のメッセージの代読、光州市長のメッセージ代読、李壽源民団東京本部団長の挨拶などののち、乾杯の音頭で懇親会へと進んだ。

2020-02-13 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
金大中大統領の米国内裏金 韓米当局「...
ブログ記事
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません