ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-10-28 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年02月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
在日全南道民会が新年会
韓日の懸け橋の役割を

 在日全南道民会の新年会が9日、都内のホテルで開かれ約80人の出席者で賑わった。
徐廷敏会長は「昨年は戦後最悪の韓日関係と言われネット上には断交を求める声も上がった。しかし、幸いなことに民間交流には深刻な影響を及ぼしていないとみられる。こういう時だからこそ在日全南道民会を含め、我々在日同胞が両国の懸け橋となる役割を果たしていかないといけないと思う」と挨拶した。
続いて金瑛録・全羅南道知事のメッセージの代読、光州市長のメッセージ代読、李壽源民団東京本部団長の挨拶などののち、乾杯の音頭で懇親会へと進んだ。

2020-02-13 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文在寅政権 公安統治、ソウル都心が戒厳令
反文明勢力「労働党在日支部」 
中国共産党へ”NO” 世界同時行動
在日同胞、新韓持株取得20%へ迫る
韓米連合司解体を目論んだ文在寅の挫折
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません