ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-30 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年02月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国銀行 マレーシア、豪州とスワップ延長
両国とも2023年2月まで

 韓国銀行は3日、マレーシア中央銀行と締結している通貨スワップ協定の有効期間を、2023年2月2日まで延長すると発表した。
両国は13年に5兆ウォン規模の通貨スワップ契約を締結、17年に一度更新し、今回再度3年間延長することとなった。
一方、同銀行は6日、オーストラリア準備銀行と結ぶスワップ協定についても融通枠を20%増額して23年2月5日まで3年間延長したと発表した。融通枠はこれまでの9兆ウォンから9兆6000億ウォンに拡大する。
今年は3月にインドネシアとの100億ドル、10月に中国との560億ドルが満期を迎えるが、いずれの国とも契約を更新する方向。

2020-02-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
不正選挙 「黙殺」が限界へ
著作権料の名目で北に送金
サムスンが脱中国の動き
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません