ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-30 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年02月13日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
脱原発のコストを隠蔽
政権が不都合な情報を改ざん

 「脱原発」政策を推進した場合、500兆ウォンの追加費用が発生するとのレポートを、文在寅政権が隠蔽したとして批判を浴びている。
問題となったのは、政府が出資するエネルギー経済研究院の定期刊行物「世界の原発市場インサイド」12月13日号に掲載された、KAISTのチョン・ヨンフン教授の「脱原発費用と修正方向」という論文。これまで同誌の記事は発行直後にホームページに掲載されていたが、12月13日付のチョン教授の論文は1カ月近く経っても未掲載だった。同論文は、脱原発政策を中止し、現在ある原発の寿命を20年延長した方が、513兆ウォンの利益を確保できるとの見通しを示したもの。
一方、韓国水力原子力(韓水原)が月城原発1号機を早期に閉鎖するために、経済性の評価を歪曲していたことも明らかになっている。18年3月、韓水原は、月城1号機の稼働を継続すれば3707億ウォンの利益が得られると分析した。サムドク会計法人の中間報告書でも1778億ウォンの利益が示された。しかし産業通商資源部・韓水原・サムドク会計法人の会議を経た後の最終報告書では、224億ウォンと少なく改ざんされた。

2020-02-13 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
不正選挙 「黙殺」が限界へ
著作権料の名目で北に送金
サムスンが脱中国の動き
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません