ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年02月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
親韓金融 投資もAIの時代へ
「NEO」で市場を分析

 これからの時代、投資諮問も人工知能(AI)に委ねることになりそうだ。新韓金融グループ(趙鏞炳会長)は最近、こうした世界の流れを先取りした投資商品を発表した。

韓国金融業界初となる人工知能アルゴリズムを搭載した投資商品「新韓BNPP SHAIネオ(NEO)資産配分証券投資信託」と「新韓NEO AIファンドラップ」だ。

「NEO」は、過去30年以上のビッグデータを素早く分析して金融市場を予測。最適なポートフォリオと商品を推薦する人工知能ソリューションだ。新韓金融が開発した人工知能投資諮問プラットフォームの名称でもある。今回発表した商品2種は、新韓金融の人工知能投資諮問ノウハウを集大成したもの。

「新韓BNPP SHAIネオ(NEO)資産配分証券投資信託」は、NEOが提供するマーケット分析データを基に、最も進化した人工知能技術と評されるディープラーニング(Deep Learning)と強化学習(Reinforcement)を適用した資産配分型公募ファンドだ。これを通し、グローバル先進国の株式、債券、原材料に対する比率を調整しつつ、安定的な収益率を追求している。

「新韓NEO AIファンドラップ」は、NEOのグローバルファンド評価モデルと強化学習アルゴリズムをベースに、国内の株式型ファンドに投資する諮問型一任運用商品だ。市場のリスクを反映し、最適な収益率を追求するという特徴がある。

新韓金融は今回の商品を皮切りに、高品質の人工知能基盤投資資本サービスを拡大していく計画だ。より多くの顧客が多彩なチャネルを通して提供を受けられるサービス開発に対し先手を打つ形だ。

新韓金融は2016年からデジタル革新技術を活用した人工知能(AI)の導入を積極的に推進してきた。昨年9月には子会社として新韓AIを創設。人工知能ベースの多様で革新的な金融サービスを提供する組織体制を構築した。

新韓AIのペ・ジンス代表は「AIを活用した投資技法は、投資意思決定過程で起こる偏向性とエラーを最小化することができる。また、膨大な量のデータを迅速に分析し、安定的な投資収益を追求できるというメリットがある。新韓AIは徹底したモデル検証と高度化を通し、投資に対するパラダイムの変化をリードしていく」と語った。
(ソウル=李民晧)

2020-02-05 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません