ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2020年01月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
スイス・ダボス 新館金融が持続可能100社に
韓国企業で唯一の8年連続選定

 新韓金融グループ(趙鏞炳会長=写真、以下新韓金融)は、スイスのダボスフォーラムで毎年発表される「グローバル持続可能経営100大企業」に8年連続で選定された。新韓金融は、ダボスで開かれた「グローバル100ラウンドテーブル」に韓国代表企業として出席し、UNの持続可能開発の目標達成に向けた方案などを論議した。

この評価は、カナダの経済専門誌「コーポレートナイツ」が2005年から開始したもの。売上げ10億ドル以上の各国企業(7395社)を対象として、資産・財務管理・リーダーシップなど21の成果指標を基準に調査・選定している。

新韓金融は13年から毎年100大企業に選定されている。今年は世界の企業の中で43位にランクインした。国内の金融会社で100大企業に選ばれたのは新韓金融だけだ。国内企業のうち、100大企業にランクインしたのは、新韓金融とサムスンSDI(80位)の2社のみ。

世界的な金融会社の中ではINGグループ、ブラジル銀行、BNPパリバ、インテーザ・サンパオロ、ナショナルオーストラリア銀行に次ぐ6位にランクインした。

新韓金融が持続可能経営として高く評価されている要因としては、グループレベルでのシステム的なESG活動推進が挙げられる。趙鏞炳会長の就任後、18年に宣布された新韓金融の中長期親環境ビジョン「エコ(ECO)トランスフォーメーション」と、これに基づくグリーン産業への投資が20兆ウォン、12年比で温室ガス20%減少など、各種の環境経営活動が評価された。

また、昨年12月に公表した気候変動への対応策など、世界的な環境社会的危険要素管理、低炭素経済成果支援なども高い評価を得ている。
新韓金融は「グループレベルで持続可能経営活動を推進してきたことが成果を現した。環境産業への投資及び支援を持続的に拡大し、一流新韓となるよう努力を重ねていく」と語った。

2020-01-29 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません