ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年01月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新型肺炎 韓国内感染者4人
武漢へ政府チャーター機の検討も

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に対し、拡散への警戒が高まりをみせている。特に、旧正月「春節」連休中は13万人の中国人観光客が韓国を訪問するものと見込まれており、韓国防疫当局は非常態勢を敷いている。一部病院では、入院患者の面会を全面的に禁止するなどの措置をとり、2次感染防止に全力を挙げている。(ソウル=李民晧)

 28日現在、韓国内で新型コロナウイルスに感染した人は4人だ。観光で入国し、仁川空港で隔離された中国人1人と、中国から帰国した韓国人3人だ。28日、韓国で調査対象となった112人のうち、15人は観察中。現段階では韓国内で感染が拡大している様子はみられない。一方で、中国とベトナムで人から人への感染が確認された以上、保健当局は予断を許さない状況であるとみている。

いち早く対策に乗り出したのは病院だ。ソウルをはじめとする全国の一部病院では、中国への渡航歴がある患者に対して診療予約を受け付けない方針を固めた。各病院では万が一に備え、発熱や咳などの症状がなくても、中国から入国した人の診療を避けるという積極的な予防策を敷いている。

韓国での新型コロナウイルス拡散が最も懸念されるのは2月初旬だ。例年、旧正月を祝う中国の春節連休(1月29日まで)に、韓国に入国する中国人観光客数は13万人に達する。拡散の度合いが判断できるのは、春節連休明けから1週間がヤマだ。

ソウルでは、中国人が集まる地域を避けようとする雰囲気が高まっている。具体的な地域は、在韓中国人の集住地域であるソウル市九老区の大林洞と加里峰洞一帯、中国人観光客たちが化粧品や服を買いに集まる明洞、東大門などだ。

政府は、中国からの入国者を対象とする検疫を一層強化し始めた。疾病管理本部は25日、ウイルス感染地域の検疫対象を「武漢市」から「中国本土全体(香港は除外)」へと拡大した。外交部は、中国の湖北省(武漢を含む)全域を旅行警報3レベルの撤収勧告地域に指定した。当局はまた、韓国―武漢市間の直行便の一時閉鎖により、感染者が他の中国地域から入国する可能性を事前に遮断するため検疫機能を大幅に強化することを決めた。 

これに伴い、中国から入国したすべての旅行者は、国籍を問わず健康状態を申告する質問シートを提出しなければならない。また、新型コロナウイルス感染の申告・管理のために「事例定義」も再設定した。事例定義とは、空港と医療機関などで新型ウイルスの「確診患者」「疑いのある患者」「調査対象の症状を有する者」に区分するときに使用する指針だ。今後中国から帰国し、14日以内に発熱や咳などの呼吸器症状が表れた人は「調査対象の症状を有する者」に分類される。しかし、感染者が中国以外の国を通じて入国した場合、これを監視することができないという限界もある。

一方、保健当局による検疫過程の杜撰さを批判する声もある。24日に確診を受けた韓国人(55歳)のケースだ。この男性は、武漢から上海を経て金浦空港に入国。CIQ区域通過時から発熱の症状(体温37・8度)が確認された。しかし、空港で隔離されることなく帰宅した。その後のドタバタがひどかった。患者が翌日、自ら保健所に赴き診察を受けたところ、肺炎の症状はないとの診断で再び帰宅することになった。その4時間後、保健所の担当医が再検査の必要を告げ、救急車を手配。改めて検査を実施した結果、確診を受けたという。空港と保険当局が複数の段階で検疫の機会を逃した格好だ。

政府は一方、武漢にチャーター機を派遣して在留中の韓国人を帰国させることを検討している。武漢に在留している韓国人はおよそ500人で、その殆どがチャーター機での帰国を望んでいると駐武漢韓国総領事館が明らかにした。

韓国の疾病管理本部はホームページ(www.cdc.go.kr)に新型コロナウイルスの拡散状況と予防方法を掲載している。当局は、中国訪問後に発熱や呼吸器の異常がみられたら、疾病管理本部コールセンター(1399、局番なし)に電話するよう促している。

2020-01-29 3面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません