ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年01月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「イランは韓半島安保の変数」―翰林大学客員教授・黄浚局―

外交部で韓半島平和交渉本部長を担当した翰林大学客員教授の黄浚局氏は16日、「ソレイマニ司令官の除去によって、イランが韓半島の安全保障の新たな変数として登場した」と述べ、「金正恩委員長は1日、核兵器拡散の可能性に言及した。現状、最も確実に外貨を得る方法はイランとの核協力で、イランも核兵器の必要性が高まった」と予測している。
同氏は、「北韓が韓半島を危険にさらしている。国家安保問題をあまりに『平和』に扱えば、大いに後悔するだろう」と警鐘を鳴らした。

「北韓の新戦略に韓米で対応」―元国防部国防改革室長・洪圭徳―

元国防部国防改革室長の洪圭徳氏は17日、「北韓は国防力の強化と新しい戦略兵器の開発を主な内容とする路線に変更した」として、「韓米の対応も変わらなければならず、それに合意できなければ連合作戦対応態勢と共同危機管理能力は弱まる」と説明した。
また、同氏は「今後、宇宙・サイバー戦争の協力が韓米の連合訓練の範疇に必ず含まれなければいけない」と述べ、「核の脅威を克服するような実質軍事力による平和的接近が必要だ」と語った。

2020-01-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません