ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-08-10 19:12:58
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「北朝鮮人権映画祭」開催
都内の大学で 日本初の試み

 北韓の人権に焦点を定めた「北朝鮮人権映画祭」が昨年12月14・15の両日、東京都文京区・拓殖大学の構内で開催された。主催は、北送事業60年人権映画祭実行委員会(佐伯浩明委員長)で、帰国者や拉致被害者家族らを支えてきたアジア自由民主連帯協議会など9団体が協賛し、日本初の試みとなった。

 初日は「北送事業とは何だったのか」をテーマに、『キューポラのある街』(1962年)や『未成年・続キューポラのある街』(65年)、北韓に渡った日本人妻をテーマにした『絶唱母を呼ぶ歌 鳥よ翼をかして』(85年・池田文子さん原作)の3作品が上映された。
2日目は「北朝鮮、韓国、そして拉致」をテーマに、韓国内の政治勢力を告発した『附逆者2』(2019年)、日本人拉致問題を啓発するために作られた『拉致 私たちは何故、気付かなかったのか!』(11年)、脱北者から聞き取りを続け4年の企画・製作期間を経て完成した『クロッシング』(02年)、北韓での隠し撮りをもとにした『北朝鮮 素顔の人々』(14年)、再現シーンをリアルに盛り込んだ『ドキュメント拉致』(18年)の5作品が上映された。
また、各映画の上映後には原作者や監督らによるトークセッションも行われ、2日間で500人近くが来場した。

2020-01-01 14面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
日本初 東京で「黒い傘運動」
米国が中共に宣戦布告
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません