ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2020年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
世界的人気「華川ヤマメ祭り」存続の危機
軍隊撤収後、地域の人口5割減に

 南北間の軍事境界地・江原道華川で毎年1月に開催される「華川ヤマメ祭り」は、世界的にも人気のウインターフェスティバルだ。しかし今、文政権が進めている駐留韓国陸軍部隊撤収計画によって存続の危機に陥っている。人口の約半分を占める軍人とその家族がいなくなった場合、地域経済は災害レベルの打撃を受ける。苦労して築き上げた世界的フェスティバルが、衰退の不安にさらされている。(華川=李民晧)

2020華川ヤマメ祝祭ポスター
 世界的な人気を集める
韓国を代表する祭り


「真冬とは思えない人波だ。凍るような寒さの中に立つ観光客たちの表情は幸せに満ちている。これこそがミステリーではないか」
米国のニュース専門チャンネルCNNは数年前、華川ヤマメ祭りに関し、世界の冬のミステリーベスト7と報じた。客観的データを鑑みても、確かにミステリーなフェスティバルだ。
人口わずか2万5000人にすぎない韓国の地方小都市のフェスティバルに、国内をはじめ世界各国から観光客たちが押し寄せているからだ。14年連続で観光客100万人を突破した、名実共に「韓国を代表するウインターフェスティバル」だ。 
昨年1月のフェスティバル期間中には、観光客184万人(うち外国人13万人)が華川を訪れた。興行の指標となる観光客数が示すとおり、韓国で最も成功した世界的ウインターフェスティバルとして脚光を浴びている。
フェスティバルは、華川郡の地域経済活性化にも一役買っている。フェスティバルの期間中、華川郡の住民たちは秋に収穫した農産物を観光客に販売し、年間1300億ウォン以上の所得を上げている。崔文洵・華川郡主は「農家が1年で最も多額の借金を返済するのは祭りが終わった翌月の2月だ。ヤマメ祭りは、外国人観光客には楽しみを、郡民たちには経済的恩恵を与えるWIN―WINのイベント」と語る。

22年までに最精鋭部隊
含む27師団が撤収か


しかし今回、ヤマメ祭りの開催に「災害レベルの悪材料」が生じた。ほかでもない、地域経済の主軸である軍隊の撤収が宣告されているからだ。国防部は昨年9月、華川管内の陸軍27師団を2022年までに解体するという方針をリークした。
27師団には、韓国陸軍の最精鋭部隊である「イギジャ(勝とう)部隊」なども含まれている。全軍の中で唯一、韓国語の名称がつけられた「イギジャ(勝とう)部隊」は、言葉そのまま「戦えば絶対勝つ部隊」という意味を持つ。部隊は1953年9月に創設。6・25韓国戦争の苦しみを教訓とし、二度と国難をもたらさないという決然たる意志を込めた。北韓軍も恐れる韓国軍の代表部隊の一つとして知られている。
崔郡主は「何の対策もせず約6800人の軍人が一夜にして撤収すれば、華川の経済は回復不可能な状態に陥る」と指摘する。軍人の家族までを含めると、現在の華川の人口が約半分になってしまうからだ。崔郡主は、国防部の部隊削減方針に対し「ノーコメント」との姿勢を示したが、「確固とした安全保障政策なくして平和を維持できるのか」と複雑な胸の内を吐露した。

「溶けない思い出」を
作るフェスティバル


「2020ヤマメ祭り」は今年1月4日から26日まで、華川郡一帯で開催される。17回目を迎える華川ヤマメ祭りのスローガンは毎年同じだ。「凍らない人情味(み)、溶けない思い出」―。メーンイベントであるヤマメの氷上釣りとヤマメの手づかみ体験をはじめ、見て、楽しんで、味わえるコンテンツが盛りだくさんだ。
体験プログラムだけでも60種類に達する。また、華川郡はフィンランド政府から「大韓民国のサンタ郵便局本店」独占権を認められているため、サンタクロースイベントも実施する。サンタクロースがフェスティバルの現場を訪れ、子どもたちの前に登場する。サンタクロースに手紙を書くことも可能だ。その他、世界最大規模を誇る室内氷の彫刻広場、ヤマメライトストリートフェスティバルなども見どころだ。
韓国最北端の軍事都市・華川は、ヤマメ祭りが教科書に掲載されるほど有名な観光スポットとなった。中央政府の無策な安保計画が、苦労して築き上げた世界的な祭りを衰退させてしまうかもしれない。

2020-01-01 13面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません