ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-07-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2020年01月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「在日同胞の貢献」教科書掲載は必須
韓佑成・在外同胞財団理事長インタビュー

 韓佑成在外同胞財団理事長(63)は、韓国の教科書に「在外同胞」に関する内容を掲載させるべく東奔西走している。その姿はまるでかつての運動家を彷彿とさせる。「在外同胞」を教科書に掲載すべき理由と、それが可能であるのならばどう行動すべきか。その理念と活動方針について、韓理事長に話を聞いた。 (ソウル=李民晧)

昨年12月、在外同胞財団の専門家ワークショップで、「在外同胞」に関する教科書掲載が主案件にあがった

 2009年と15年の改訂版小学校国定教科書までは、「在外同胞」に関する記述が皆無だった。19年に入り、小学6年生の道徳、社会の教科書には日帝植民地時代に福岡刑務所で獄死した詩人・尹東柱と在露独立運動家の崔在亨先生が、小学6年生2学期の国語教科書には、在米独立運動家の安昌浩(号=島山)先生が、「在外同胞」との表現で掲載された。
このように、韓国の教科書に在外同胞に関する内容が掲載されるのは当然のことだ。その理由は大きく二つある。
まず、韓国建立及び発展の歴史において、在外同胞を除外してはならない。教科書での記載は必須だ。抗日独立運動史を調べると、臨時政府の樹立時、米国などの海外各地で独立宣言文が朗読された。また、上海臨時政府の構成員には、多数派だった在中同胞に加え在米同胞の安昌浩、李承晩、盧伯麟先生らの姿もあった。臨時政府の初代国務総理は在露同胞の李東輝先生だ。独立運動は、朝鮮にいた内国民と海外に在住していた在外同胞たちが力を合わせて起こしたものだ。
現代史において在外同胞が活躍する姿は、韓国が危機に直面した時と数々の慶事でも底力を発揮した。
1988年のソウルオリンピックで韓国の国名が世界中に広まった時、国家経済のピンチだった97年のIMF通貨危機、そして最近では2018年の平昌冬季オリンピックなど、韓国は在日同胞をはじめとする海外各国の同胞たちの支援を受けて再生することができた。東京の駐日韓国大使館の土地も同様だ。日本に韓国大使館を建てることができたのは、在日同胞実業家の徐甲虎氏による支援があったからだ。

105種の教科書に「在外同胞」の記述はゼロ

しかし、在外同胞たちの活躍について、韓国に住む内国人たちはほとんど知らないのが実情だ。09年、15年に改訂した教育課程の教科書105種には、在外同胞の記述は見られなかった。その点、19年の認定教科書に「在外同胞」が記載されていたのは、内国民に対して在外同胞への理解を促す貴重な出発点だ。
そして、既に教科書に書かれた内容には、在外同胞であっても在外同胞であるということを明かしていないケースも多い。教科書に記載された在外同胞、関連人物と団体を再度洗い出し、これを議論する必要がある。
二つめは、教科課程及び教科書に記載されている「世界市民教育カリキュラム」に在外同胞教育を組み込ませる必要がある。
現教科課程は、世界市民教育の一環として多文化の概念を伝えているにすぎない。多文化に先立ち、学ばなければならない概念が在外同胞だと考えている。海外に住む同胞の概念を教育課程で学んだ後、多様な文化と人種、環境を認め合うことのできる多文化教育、世界市民教育へと進むのが望ましい。

750万人の在外同胞を韓民族ネットワークへ

在外同胞を教科書に記載することは、在外同胞への理解を促進させるファーストステップだ。次世代の子どもたちが教科書で在外同胞に関する知識を学べるようにすべきだ。その子どもたちが世界市民として活躍できるよう、世界市民の概念はもちろん、在外同胞の概念も共に学べる機会を模索する時だ。
国家の構成3要素は、主権、領土、国民だ。しかし、今の世界ではこうした境界線は崩壊している。インターネットの発達により、領土と主権の概念は時空間を越えている。国籍と主権も同様に、OECD国家の半分以上が複数国籍を容認しているという点でも既に境界線は崩壊している。
他国では、世界市民教育のテーマである人口問題、環境問題を解決する方法として、在外同胞を活用する政策に力を入れている。イスラエル、アイルランド、デンマークなどは国家主導のもと在外同胞政策を展開している。
韓国も、750万人の在外同胞と共生する政策に力を注がなければならない。在外同胞には民族のアイデンティティ教育を、内国民には在外同胞の概念と世界市民教育を並行して実施すべき。これは国家的課題である統一韓国へと繋がる踏み台になるはずだ。
在外同胞財団はこの課題を達成すべく最善を尽くしたい。内外同胞を結ぶ懸け橋的役割に徹し、グローバル韓民族ネットワーク拡充のため、小・中・高校の教科書に「在外同胞」関連事項が掲載されるよう今後も傾注していく。

関連記事=(http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=86851&thread=01r04

2020-01-01 12面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
中国共産党の横暴に立ち向かう
民主化勢力と人権運動家の素顔
文政権が強行する「公捜処」設置
朝総連は平壌にも抗議できるか
文在寅支持者も不信の不動産対策
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...
北の「崖っぷち戦術」ふたたび
北韓住民の希望を踏みにじる野蛮集団
対北ビラ禁止法巡り非難の声


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません