ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年12月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
速報 統計ニュース

日本製乗用車の新規登録減少
4カ月連続前年同月比50%減


輸入自動車協会が4日に発表した11月の輸入車関連情報によると、同月の日本ブランドの乗用車の新規登録台数はは2357台で、前年同月比で56・4%減少した。
日本車の販売は8月に1398台で前年同月比56・9%減少、以降9月に1103台で同59・8%減、10月に1977台で同58・4%減と継続してマイナス50%超となった。11月もマイナス50%を超えたが、前月比では19・2%増加した。
1~11月の累計は3万2991台で、前年同期比18・9%減。半面、上半期(1~6月)は同10・8%増加し、過去最多の販売実績だったことから、1年間通しての新規登録台数の減少幅は抑えられている。
一方、1~11月の輸入車全体の販売は21万4708台となり、前年同期比で10・6%減少した。日本車の輸入が低迷したことが反映された格好だ。

10月の経常収支78.3億ドルの黒字
1年ぶりの高水準


韓国銀行は5日、10月の国際収支(速報値)を発表した。
それによると、同月の経常収支は78億3000万ドルの黒字で、黒字幅は前年同月の94億7000万ドル以来、1年ぶりの高水準となった。。
経常収支は4月に3億9000万ドルの赤字となったが、翌月には黒字に転じて、以降も黒字が続いている。
好調の要因は、サービス収支の赤字と、給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)が改善したため。一方、物品などの取引(輸出入)で発生する商品収支(貿易収支に相当)の黒字は縮小した。
1~10月の経常収支黒字の累計は、496億7000万ドルとなり、韓国銀行は11月時点で、通年の黒字を570億ドルと見通している。

第3四半期GDPが確定
前年同期比2%、前期比0.4%増


韓国銀行は3日、7~9月期の実質国内総生産(GDP)の確定値を発表した。前年同期比2・0%、前期比0・4%増にとどまった。改定値は速報値に含まれなかった10月の経済活動指数を反映して算出されたが、全体の数値的な変化はなかった。
一方、7~9月期の実質国民総所得(GNI)は前期比0・6%増、前年同期比0・4%増だった。
韓国銀行は四半期ごとに成長率見通しを発表しているが、今年のGDP成長率を2・0%と見通した。7月時点の前回予想2・2%から0・2ポイント下げ、5回連続の下方修正となった。米中貿易摩擦による世界経済の減速で、設備投資や民間消費が低迷している点を反映した。
20年の成長率は2・3%と見通しており、半導体の市況が来年中旬にも回復局面に入り、輸出や設備投資が上向くと楽観視している。

11月の輸出額、前年同月比14.3%減
12カ月連続でマイナスを記録


産業通商資源部は1日、11月の輸出額(通関ベース)を発表した。
それによると、11月の輸出額は441億ドルで、前年同月比14・3%減少、12カ月連続のマイナスとなった。これにより今年の輸出総額は16年の5・9%減以来となる前年比マイナスになる見通しで、2年連続6000億ドル達成が難しくなった。
主力の半導体や石油化学分野の不振が続いた上、操業日数減少などの要因が複合的に作用したことが響いた。
一方、11月の輸入額は13%減の407億3000万ドル。5月以来、7カ月連続で減少が続いている。
輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は33億7000万ドルの黒字で、94カ月連続の黒字となった。

消費者物価が微増
デフレへの懸念続く


統計庁は2日、11月の消費者物価動向を発表した。11月の消費者物価指数は前年同月比0・2%上がり、4カ月ぶりに上昇に転じた。前年同月比の物価上昇率は1月に0・8%と0%台に下降した。8月にはマイナス成長となり、続く9月はさらに0・4%下落した。
統計庁は今年の物価指数に対して「昨年の物価が大幅上昇した反動が続いている」と分析しているが、市場ではデフレへの懸念が続いている。

2019-12-11 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません