ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年12月04日 16:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「脱北者を社会に統合」―自由統一文化院代表・李愛蘭―

北朝鮮学を専攻する女性博士第1号であり、自由統一文化院の代表である李愛蘭さんは先月27日、「脱北者が自律的に自助の精神に基づいて自立定着に成功するよう導くことが重要だ」として、今の脱北者に対する韓国社会の在り方を批判した。同氏は今年7月末に起きた脱北親子の餓死事件について、「現政権は、この事件が韓国社会の脆弱階層と福祉死角地帯に発生した一般的な問題だと縮小解釈しているが、これは現政権の対北観が招いた政治的な問題だ」として「脱北者自らが韓国社会に統合されるようにしなくては」と述べた。

「日本抜きの韓米協力は不可能」―元国防部国防改革室長・洪圭徳―

元国防部国防改革室長で、現在は淑明女子大学政治外交学科で教鞭をとる洪圭徳氏は2日、「日本との安全保障協力は代替不可能だという現実を直視しなければならない」と述べた。同氏は、「韓国空軍と日本の航空自衛隊が独島上空で共同作戦を展開すれば、中露の連合作戦の意図を大幅に相殺し、東アジア覇権を狙う中国の戦略的挑戦を遮断できる」としており、「安保協力に限り政治が介入してはならない。日本を除いた韓米協力は達成不可能だ」として、GSOMIA論争で確認された教訓は明らかだと語った。

2019-12-04 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません